2018年10月18日木曜日

日本語個別指導後期スタート


101日(月)より、留学生センターが主催する今年度の日本語個別指導の後期がスタートしました。前期と同様に留学生たちの日本語能力のレベルに合わせながら授業の空き時間を利用して行っています。指導を受けている留学生たちは積極的に勉学に取り組んでいます。日本語力の向上が学習能力の向上につながることを期待を込めて実施しています。




2018年10月16日火曜日

静岡県・国際交流バスツアーに参加しました。

1014日(日)、「静岡県・国際交流バスツアー」イベントが開催され、本学から日本人学生と留学生合わせて8名の学生が参加し、学生間の交流を深めました。このイベントは静岡県の大学に通う留学生と日本人学生の交流を深めながら静岡県の豊かな自然と文化を体験してもらう目的として毎年開催されるものです。今年は川根本町でお茶摘み体験、工場見学、お茶手もみ見学の後、キャンプ場でみんなで自炊した食事を美味しくいただきました。最後は可睡斎へ行き、座禅体験をしました。様々な体験を通して参加者の絆を深めながら静岡県の文化を知る良い機会となりました。

 
 


参加者の感想です。
中国 李斌さん
 初めてお茶摘みをしました。お茶の工場を見学して日本のお茶の歴史のお話を聞きました。日本人とたくさん話して、一緒に料理を調理して、仲良くご飯を美味しくいただきました。座禅を体験して心が落ち着きました。留学生と日本人と一緒に行うイベントに参加できて良かったと思っています。充実して楽しくて最高のバスツアーでした。
 

2018年10月9日火曜日

静岡版創作舞妓イベントに参加しました。

10月8日(月)体育の日に行われた、静岡版創作舞妓のイベントに、本学からは11名の留学生と日本人学生が参加しました。

このイベントは地域の振興と活性化の一環として取り組まれたものです。静岡市葵区の七間町を中心に、コミュニティーホール七間町から七間町商店街、駿府公園紅葉山庭園までの往復を、舞妓をイメージした衣装を着たあでやかな女性が歩く、というストリートファッションショーです。


 
この日は晴天で、陽ざしが強かったのですが、本学の留学生と日本人学生が、和服に身を包み、ゆっくりと街を歩きました。

衣装も文化の一つであり、いろいろな小物を含めて、日本文化を全身で体験できたのではないかと思います。

2018年8月29日水曜日

清水国際高校国際交流会に参加しました


8月28日(火)午前1000分より、静岡市清水区の清水国際高校で、特別進学クラスの活動として行われた国際交流会に、本学の留学生3名が参加し、講師を務めました。

最初に全体会があり、3名の留学生の英語による簡単な自己紹介があり、その後は、清水国際高校の生徒の代表者による、英語での清水国際高校の紹介が、スライドの映像を用いて行われました。

その後、約1時間、3つのクラスに分かれて、留学生の出身国の紹介や、言葉や文化について体験も交えた説明があり、質疑応答、交流のゲームなどが行われました。
 
 

清水国際高校では、留学生の出身国の国旗が、黒板にきれいに描かれていたり、出身国のことばで歓迎の気持ちが書かれていたりと、とても気持ちの良い歓迎を受けて、楽しく説明などをすることができました。
 
 
 
 

留学生にとっても、高校生と実際に接して教室で話をする機会は、貴重であったと思います。

とても楽しかった、と言う留学生や、あともう少し時間がほしかったという留学生など、充実した時間となったことがうかがえました。

清水国際高校の先生方、生徒の皆さん、ありがとうございました。

2018年7月19日木曜日

留学生日本語弁論大会静岡県大会に参加

 7月15日(日)午後1時より、静岡市駿河区のグランシップで第15回WFWP留学生日本語弁論大会静岡県大会が行われました。全体で9名の県内大学在籍外国人留学生出場者のうち、静岡英和学院大学・静岡英和学院大学短期大学部からは3名の留学生が出場しました。

スピーチは時間にして8分、原稿にすると約2000字程度で、まとまった日本語を、ほぼ暗記して、広い会場で話すことは、簡単にできることではありません。

本学から、烏徳巴拉さん(人間社会学科4年、中国出身)、ティティ トゥエゾーさん(人間社会学科4年、ミヤンマー出身)、マノン ペレーラさん(人間社会学科2年、スリランカ出身)が出場し、いずれも堂々とした態度で、それぞれのテーマについて話し、会場の人々をひきつけました。
 

ティティ トゥエゾーさんが優秀賞(第2位)を受賞され、烏徳巴拉さんが奨励賞(第3位相当)を受賞されました。

 
 
こうした日本語弁論大会にチャレンジしてみようという意欲と、期限までに原稿を作成し、それを発表するまでの努力に、改めて敬意を表したいと思います。

ふじのくに留学生親善大使がアースカレッジに参加

7月15日(日)午前1030分より、静岡市葵区東草深のアイセル21(葵生涯学習センター)で行われたアースカレッジ2018に、「ふじのくに留学生親善大使とおしゃべりしませんか」という企画があり、静岡英和学院大学・静岡英和学院大学短期大学部の留学生も親善大使として6名が参加しました。 

 

今回は、ネパール、インドネシア、中国、ベトナム、ミヤンマーの国々について、各国の紹介や文化を体験するという内容でした。

 
高校生などの来場者と、短い時間ですが交流し、自国の文化等に理解や興味を持ってもらうことができたのではないかと思います。

また、来場した日本人にとっては、外国人留学生と直接話すことができたことは、とても新鮮な体験だったのではないかと思います。

アースカレッジ2018に参加しました

7月14日(土)午前1030分より、静岡市葵区東草深のアイセル21(葵生涯学習センター)で行われたアースカレッジ2018に、「世界のお正月を体験しよう!」という企画で、静岡英和学院大学・静岡英和学院大学短期大学部の留学生センターが参加しました。




この参加は、留学生センター学生スタッフとしては初めての試みで、今回は、ミヤンマー、スリランカ、中国、日本のお正月について紹介、体験することで、主にこの地域の人である来場者と交流し、また留学生の出身国に理解や興味を持ってもらうことを目的としたものです。
 

どれだけの人が来てくれるのかが最も心配でしたが、子どもたちを含めて多くの方に来ていただき、また、会場の飾りつけや、イベントの進行などに工夫を凝らした成果があったのではないかと感じています。準備は大変でしたが、今後につながる活動でした。